新古車にはどのような特徴があるのか?

「新古車」というのは、新車ではあるが、まだ買い手のついていない車の事を指す言葉ですが、法律上「新古車」という言い方は規制されているため、「未使用者」という表現を使う必要があります。
新古車について、アウトレットと同じように傷や何らかの問題があるものと思われていることも多いですが、それは間違った認識です。正規のルートで新車として登録を受けた車がユーザーの手に渡る前に売りに出されている状態なので、すでにナンバープレートが発行されていますが、車の中身自体は新車と何ら変わりはありません。
■新古車が出回る理由。
 車が新古車として売られるようになるには、様々なルートが存在します。
例としては、ディーラーの販売台数の水増しのため新古車として売られる場合や、ショールームの展示車、新車オーダー後のキャンセルされた車、試乗車として使われていた車、新車購入後すぐに手放された車、等が新古車として扱われる場合などがあります。
そのなかでもディーラーの販売台数の水増しのための理由で新古車になる場合が中心です。
なぜそのようなことが起きるのかというと、ディーラーの販売台数が一定量に達した場合にメーカーから報奨金が払われるシステムが存在し、ユーザーに売る前に自社で最初に新車を買ってしまえば「売れた」という扱いになり、報奨金を得ることができるからです。
あまり新車か新古車かという点にこだわりが無ければ、法律上は中古車扱いであるため車両価格と税金は新車よりも割安で済み、かつ新車と同等ですから、お得であると言えます。
しかし、注意点として先に述べた中のどのルートで新古車となったのか、その確認は必要でしょう。
■新古車の良い点・悪い点。
 新古車を買ううえで押さえておくべき点としては、新車よりも安い料金で買える、名義変更すればすぐに乗れる、というメリットがある一方で、メーカーオプションが付けられない、色やグレードを指定できない、小キズがあるといったデメリットも存在するということです。
 しかし、新古車は需要があるため、販売店も価格を高めに設定することがあり、実際新車と値段がほぼ同じということも多くあります。
メリットの中で一番大きいのは安い料金で買えるという点ですから、新車との価格の比較はしっかりと行いましょう。
 また、もう一つ注意すべき点として、新古車と称したただの中古車を買わされてしまう恐れがあるということです。
一般的に新古車とはユーザーの手に渡っていない車ということになりますが、本来車の分類は「新車」と「中古車」の二つであり、法律で決められたようなしっかりとした定義は新古車には存在しません。
新古車として売りに出される経緯次第で走行距離に大きな開きがあるという点に注意しましょう。

一般的に新車として購入してからほとんど乗っていないような場合には数キロ〜数十キロのものが多いですが、100キロを超えてしまっている場合もあります。
もし100キロを超えるような車を買ってしまえば、中古車と変わりないものを新古車として買ってしまったことになります。
このような事を防ぎ、うまく新古車を活用するために、値段と走行距離には特に注意して購入するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る